浅草橋校(東京)とんぼ玉教室

初心者でも安心して通えるとんぼ玉教室

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
とんぼ玉教室浅草橋校は、講師と相談しながら作りたい作品に向けて練習していく教室です。 どのように進めていいかわからない方には、基礎から上級レベルまでしっかり学べるカリキュラムもご用意しておりますので、初心者の方からプロを目指す方まで、ご希望に応じたとんぼ玉の技術を習得することができます。 少人数制で、ひとりひとりのペースに合わせて進んでいきますので、手先に自信のない方も、ご年配の方もご安心ください。 また、チケット制なので、月に通う回数をご都合に合わせて自由に決めることができます。 チケットは浅草橋校のとんぼ玉教室・ガラス工芸教室酸素バーナー教室の3校共通ですので、他の教室に入ってみたくなった時にもスムーズに入学できます。

カリキュラム

New! 2020年1月より、とんぼ玉教室&ガラス工芸教室内で「グラスアイ基本コース」がスタート! グラスアイ基本コースのカリキュラム詳細 カリキュラムでは基本から応用、伝統的なとんぼ玉から最新のテクニックまで、とんぼ玉の技術を包括的に学ぶことができます。
◇無地玉、細引き ◇ラインボール、線流し ◇泡玉、フリット ◇ダイクロ玉 ◇四角、十二面体 ◇円柱
◇円中、俵、点打ち(動物、レインボーetc…) ◇引っかき ◇マドラー ◇花パーツ、葉っぱパーツ ◇泡入り水玉 ◇泡入り花 ◇芯あり花パーツ ◇クリア被せ、ぬり ◇すじ玉、みかん玉
◇レース(ラインレース、リボンレース、3Dレース、巻き付け) ◇正倉院 ◇練り棒の作り方、使い方(ほたる玉) ◇梅パーツ ◇フィギュア玉 ◇まが玉 ◇星パーツ ◇かえるパーツorひよこパーツ
◇葉っぱ ◇ねじり梅 ◇ペンダントトップ ◇野菊 ◇板花 ◇ようへん玉 ◇水中花 ◇レースのばし ◇華とんぼ ◇桜パーツ ◇卒業自由制作
カリキュラム詳細 とんぼ玉教室のカリキュラム詳細はこちらでご覧いただけます。

料金

入学金0円
受講料金18,000円+税(チケット制…6回×2時間)
チケット共通チケット…浅草橋校の3教室でご利用いただけます。有効期限…発行から1年間
材料費別途必要
お支払い方法受講料金…現金のみ材料代…現金、クレジットカードがご利用いただけます。
キャンセル料金前営業日の17:00まで…無料前営業日の17:00以降…チケット1回分
特典 受講生の皆さまにはガラスロッドやバーナーの優待サービスがございます。 \ 受講生の皆さまだけのとっておきの特典!/

入学・ご予約・キャンセル

入学随時受付
対象年齢中学生以上
ご予約前日までに店頭、またはお電話にてお申し込みください。メールでのご予約は承っておりませんのでご了承ください。
キャンセルキャンセルは前営業日(火曜定休のため、水曜日の教室は基本的に月曜日)の17:00までに店頭、またはお電話にてお知らせください。
入学日受講料金(18,000円+税)と材料費(数本のガラス代金…1,000円程度)をお持ちください。お申し込みや教室についての説明をいたしますので、教室開始10分前にお越しください。
お問い合わせ・ご予約先*浅草橋店(03-5822-2518

教室スペック

使用ガラスキナリガラス
使用バーナーキナリファンバーナー(エアバーナー)
定員当面の間最大5名さま 最大6名さま
開催時間2時間(片付けも含みます。)

スケジュール

10:00-12:00 10:00-12:00 10:00-12:00 10:00-12:00 10:00-12:00
13:00-15:00 13:00-15:00 13:00-15:00 13:00-15:00 13:00-15:00 13:00-15:00
16:00-18:00
19:00-21:00
定休日 浅草橋店・浅草橋校は火曜日が定休日です。 ※水曜日のキャンセルは基本的に月曜日の17:00までになりますので、充分ご注意ください。

服装・持ち物

服装綿や麻・ウールなどの天然繊維の長袖※化学繊維は熱で溶けるため、肌について火傷が深くなる恐れがあります。
持ち物綿100%のエプロンガラス棒など教室で使用する材料ふたのできる(ペットボトル入りなど)の飲み物汗を拭くためのタオルやハンカチなど
お問い合わせ・ご予約は浅草橋店(03-5822-2518)まで。

アクセス

JR総武線浅草橋駅東出口から徒歩3分/都営浅草線浅草橋駅から徒歩2分

〒111-0052東京都台東区柳橋2-14-3帝王ビル 03-5822-2518
営業時間:10:00~17:00

※2020年9月より、営業時間は全日 10:00 – 17:00となりました。

教室一覧

環境や人の体に優しいガラス素材について。
「とんぼ玉」というちょっとふしぎな呼び名・・・